合成染料の物よりも水溶性染料の物を

2001年頃よりカラーリング剤や白髪染めに対しての規制緩和が行われ、白髪染めにHC染料を使用する事も可能になってきましたが、このHC染料は、
髪に大きな傷みを与える事無く白髪を染める事が出来るのでとても話題を呼んでいます。

また塩基性染料と言う物も同様にこのHC染料と共に使用されている事も多くなっていますが、この二つを混合する事によって白髪染めか出来る
様になります。ですので今まであまり関心が無かった方達も、現在使用している物と比較検討してみるのもいいかもしれませんね。

この白髪染めと言うのは当然と現在白髪の方が使用する物なのですが、現在の白髪を分からなくしたいと言う事で、それらに含有されている成分等を
あまり見る事も無いかもしれません。

市販されている様なヘアカラーの中には合成染料なども含まれており、それは髪を酸化させたりする事もある様なので気を付けて下さい。

この塩基性染料やHC染料と言うのは合成染料とまた異なる水溶性の物になってきますので、染まり具合が悪いと言う感想もよく聞きますが、
安全面については問題ありません。これは髪の表面部分を傷める事無く染められますので、白髪染め専用に使用される事もあります。
この形式のトリートメントなども今ではとても多くなっています。また通販等でも購入出来ますので一度確認してみるのもいいかもしれませんね。

刺激のない白髪染めがいいですね。